沢尻エリカ大河代役は剛力彩芽か能年玲奈?ヒマだけじゃない納得の理由

女優・沢尻エリカ容疑者が合成麻薬MDMAを所持したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕され、来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送問題が大きな話題となっています。

沢尻さんの降板は確実と見られ、再撮をするにしても、代役は誰にするのか?なかなか決まらない状態が続いています。

そして、ここに来て、ネットやメディアでは、ふたりの女優の名前が挙がっているのです。

スポンサーリンク

沢尻エリカの大河ドラマ「麒麟がくる」降板は確実

画像引用元:https://girlshour.net/sawajiri-mayaku-taiga-32201/

沢尻エリカさんは、来年放送予定の大河ドラマ「麒麟がくる」で斎藤道三娘で、後に織田信長の正妻となる濃姫役で出演が決まっていました。

すでに6月からクランクインしていて、十数話を撮影済み。関係者は「撮り直しと代役探しでてんやわんやです」と関係者は頭を抱えているといいます。

「すでに撮影は十数話まで進んでおり、編集も進んでいました。沢尻容疑者は第1話から出演シーンがあり、尺も長いため、台本やカット割りを書き換え、他の俳優とのカラミをできるだけ減らしたうえで、一刻も早く代役の女優で撮り直しを行わなくてはなりません」

しかし、そう簡単な話ではないようで…

「こうした場合、一度アヤがついてしまったので、当然、出演を躊躇する事務所が多いんです。沢尻容疑者よりだいぶ格の下がる若手か、実力はあるが話題性には乏しく、すぐにスケジュールを押さえられるベテランなどが収まることが多いです」(同前)

さらに、再撮には大きな損害も生じます。

大河ドラマは、すべて込みで1本約1億円の制作費といわれていますが、再撮には、1本あたり、その半額程度の数千万円の費用がかかるとみられています。

この費用に関しては、NHKが沢尻容疑者の事務所に賠償請求をする可能性が高いと思われます。

沢尻エリカの代役は誰?濃姫は大河経験済みの剛力彩芽か

画像引用:https://sirabee.com/2019/02/15/20162005172/より

一度アヤがついてしまったとはいえ、濃姫役は大河ドラマの主役級。代役とはいえ、それなりの格や実力が必要となりますから、その候補者はある程度絞られます。

しかし、格と実力を兼ね備えた女優は、スケジュールが2年、3年先まで埋まっていることが珍しくありません。

そんな中、代役候補の女優のひとりといて、剛力彩芽さんの名前があがっているようです。

剛力彩芽さんは、前澤友作・ZOZO前社長との破局が明らかになったばかり。

交際中は、前澤さんとの海外旅行や一緒にいるための時間を確保するために、ドラマや映画だけでなく、長くイメージキャラクターを務めていたCMも降板。

事務所の社長には、「結婚のために仕事をセーブしたい」という手紙を書いたほどでした。

しかし、今年の10月にはふたりは破局。

目下のところヒマと言っては失礼ですが…スケジュールにはいまのところ余裕がありそうです。

剛力さんが女優として再出発するのであれば、代役といえども大河ドラマの出演は大きなチャンス。

話題性の面からもNHK側にとってメリットがあるのではないかという声が、ネットでも多くみられるようです。

実は、剛力彩芽さんはすでに「大河女優」を経験済み。2013年の大河ドラマ『八重の桜』に出演。

綾瀬はるかさん演じる主人公・八重の6つ年下の幼なじみ、日向ユキを演じました。

制作発表記者会見でも、大河女優としての抱負を語っていました。

「役者としてはまだまだ未熟ですが、ベテランの俳優さんたちからいろいろ吸収しながら、人間らしさ、日本人らしさ、人間の強さなどをたくさんの人に伝えられたらいいなと思っています」。 

引用元:https://career.oricon.co.jp/news/2012291/full/

その後、剛力彩芽さんは、2016年にはBSプレミアムのドラマ「JUNGLE FEVER ジャングル・フィーバー」にも主演、ヒロインを務めています。

これは、NHKのドラマ制作スタッフにも実力を買われている証拠。

スケジュールにも比較的アキがある、さらに大河の「大舞台」も経験済みということであれば、この窮地を救ってくれる女神になり得るかもしれません。

スポンサーリンク

沢尻エリカの代役は誰?濃姫はNHK復活の能年玲奈(のん)か

画像引用:https://hungerfordroad.com/archives/8177より

一方で注目されているのが、能年玲奈から改名した「のん」さんです。

のんさんは、NHKの朝ドラ「あまちゃん」主演以来、テレビなど表舞台から姿を消していました。

事務所の移籍騒動で、なんらかの圧力がかかっていたという噂も。

しかし、2019年7月に元スマップメンバーが結成した「新しい地図」へのジャニーズ事務所の「圧力」が独占禁止法違反の恐れがあるとして、公正取引委員会から注意を受けたことを受け、のんさんも次第にCMなどに姿を現すように。

さらに、2019年8月31日にはNHKの番組「おはよう日本」で久々にのんさんのインタビュー動画が流れ、話題になりました。

のんさんは、当時挑戦しいた初めての舞台に挑む意気込みについて、さらに夏休み最後の日ということで、新学期を迎える若者へのメッセージを語っています。

「生きづらさ」を感じている若者へのメッセージとして「生きていることに自信を持つこと。分からなくなったときは、生きていることを誇らしく思い、調子に乗っちゃえばいいんです」と笑顔を浮かべた。

引用元:https://www.zakzak.co.jp/ent/news/190901/enn1909010006-n1.html

このとき、独立騒動以降、地上波番組から遠ざかっていたのんさんに「生きづらさ」について語らせたことには、大きな意味があったようです。

「のんは独立騒動で、本名である能年玲奈を使えなくなり、地上波番組からも遠ざかることになりました。相当に生きづらかったはずだが、NHKがあえてそこを語らせたということは、朝ドラ復興の立役者であるのんを後押ししていくという腹づもりでしょう」と放送関係者。

引用元:https://www.zakzak.co.jp/ent/news/190901/enn1909010006-n1.html

視聴率20%を越えた朝ドラ「あまちゃん」。全国に「じぇじぇじぇブーム」を引き起こしたほどの人気者・のんさんへのNHKからの信頼はとても厚いのではないでしょうか?

ただ、のんさんもテレビなどには出演していませんが、ヒマというわけではなく舞台や映画などでは安定した活動を続けているだけに、スケジュールの確保については、調整が必要なのかもしません。

スポンサーリンク

ネットでも剛力彩芽と「のん」の名前が

スポンサードリンク

まとめ 沢尻エリカ大河ドラマ代役は誰?濃姫は剛力彩芽か能年玲奈で納得の理由

麻薬取締法違反の疑いで逮捕された、女優・沢尻エリカさんのNHK大河ドラマの降板はほぼ確定。

NHKは大慌てで再撮の手配と、代役女優探しをしているようです。

代役はいったい誰になるのか?

スケジュールの合わせやすさ、そしてNHKからの信頼度を考えると、剛力彩芽さんか能年玲奈さんの可能性も高いのではないでしょうか?

今後の発表に注目が集まります。

スポンサードリンク

2 Comments

増村辰郎

沢尻容疑者の代役は能年玲奈さんにしてください。私の周囲も
圧倒的に、彼女を押している。天ちゃん以降さっぱりテレビで観なくなって、寂しい限りでした。彼女は大女優になるべき人です!
よろしくお願い致します。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!