【天国と地獄】8話考察|日高と彩子は入替成功?陸と師匠も入替る?

綾瀬はるかさんと高橋一生さんの演技が話題のドラマ『天国と地獄 ~サイコな2人~』。

毎週、奇想天外な展開で本当の「黒幕はいったい誰?」と犯人捜しが盛り上がっています。

さて、8話の考察はいかに?

これまでの考察はこちら【天国と地獄】7話考察|師匠(湯浅)が東朔也で真犯人?妹も怪しい?【天国と地獄】5話考察|犯人は戸田一希か師匠?キッチン汚れ意味は?【天国と地獄】6話考察|東朔也が犯人?陸との関係や師匠が黒幕説も

【天国と地獄】8話あらすじ|日高と東(湯浅・師匠)に緊急配備!

第8話あらすじは次の通り。

※〈 〉内は中身の人物名

新たな猟奇殺人が発生─。現場検証が行われる中、彩子<日高>(綾瀬はるか)は東朔也が担ぎ込まれた病院へと再び向かう。
事件に日高の生き別れの兄が関わっているのではと考える日高<彩子>(高橋一生)。同じく、現場への返り咲きを狙う河原(北村一輝)も、日高と東朔也の関係、また彩子に対し推理の的を絞り始めていた。
一方、(柄本佑)は、病気で倒れた師匠・湯浅(迫田孝也)を放っておくことができないでいた。そんな陸に、湯浅はある頼みごとを持ち掛ける…。
その後、八巻(溝端淳平)とコ・アース社に訪れた彩子<日高>は、日高<彩子>から思わぬことを告げられる。

今回も、東朔也と、陸の師匠の湯浅がカギを握るようですね。

日高〈彩子〉の「もうこれしかないと思うんですよ」のセリフが意味深ですね。

果たして真犯人の手がかりはつかめるのでしょうか??

【天国と地獄】8話考察|日高と彩子は入れ替わり成功?

セク原により事件の関与容疑が明らかになり、緊急配備が発せられた日高と東朔也。

それを受けて、彩子〈日高〉が発した「これしかない」。

最初の殺人の狂気となった丸い石、手錠、歩道橋がそろったシチュエーションで再び階段から転げ落ちるふたり。

日高と彩子は、再度の入れ替わりに成功したのでしょうか?

 

現段階ではなんとも読めませんね…

スポンサーリンク

【天国と地獄】8話考察|陸と師匠(湯浅・東)も入替るの?

さらに、陸と師匠(湯浅・東朔也)の行方も気になります。

スポンサードリンク

 

 

 

1 Comment

ひびき

はじめましてm(__)m
もう、すべてが謎になって、振り回されちゃってます(;^_^A
私は、奄美に行った日高が、東朔也を名乗っていたことが、どうも気になって仕方ありません。
もう、本当に、早く「答」が知りたいです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!