【天国と地獄】7話考察|師匠(湯浅)が東朔也で真犯人?妹も怪しい?

綾瀬はるかさんと高橋一生さんの演技が話題のドラマ『天国と地獄 ~サイコな2人~』。

毎週、奇想天外な展開で本当の「黒幕はいったい誰?」と犯人捜しが盛り上がっています。

さて、6話の考察はいかに?

【天国と地獄】7話あらすじ|東朔也(アズマサクヤ)は日高の兄?

第6話あらすじは次の通り。

※〈 〉内は中身の人物名

彩子<日高>(綾瀬はるか)は身元不明の遺体の中から「東朔也」という人物を探していた。日高<彩子>(高橋一生)と河原(北村一輝)もその名前にたどり着くが、事件とのつながりは見えてこない。一体何者なのか──。
(柄本佑)からの情報を手掛かりに、殺人の共犯かもしれない「クウシュウゴウ」が現れるのを待って、歩道橋で張り込む日高<彩子>。しかし、やって来たのは彩子<日高>で・・・。
ある日、日高<彩子>のもとに、息子が記憶喪失になったと聞いて心配した父・(木場勝己)から連絡が入る。妹の優菜(岸井ゆきの)と実家へ行った日高<彩子>は、満から日高に関する意外な過去を聞かされるのだった。
そしてその頃、誰にも発見されていない新たな犠牲者が──。

引用元:https://www.tbs.co.jp/tengokutojigoku_tbs/story/

第七話では、「クウシュウゴウ」と「東朔也」がカギを握っているようですね。

追い詰められた表情の日高〈彩子〉も気になりますが…果たして。

これまでの考察はこちら【天国と地獄】5話考察|犯人は戸田一希か師匠?キッチン汚れ意味は?【天国と地獄】6話考察|東朔也が犯人?陸との関係や師匠が黒幕説も

【天国と地獄】7話考察|師匠(湯浅)が東朔也(アズマサクヤ)で真犯人?

7話では、日高に生き別れた二卵性の双子の兄「朔也」がいたことが判明しています。

日高〈彩子〉は、日高が朔也の指示を受け、リストに基づいて殺人を犯していたと推測します。

そして、すい臓がんである朔也と同じ薬を飲んでいたのが、陸の師匠。

そして、師匠は急に具合が悪くなり救急搬送され、「東朔也とみられる人が病院に」と知らせを受ける彩子〈日高〉。

つまりは、陸の師匠が「アズマサクヤ」で真犯人なのでしょうか?

スポンサーリンク

【天国と地獄】7話考察|師匠の右手にほくろはないかも?

さらにもうひとり、日高の共犯者といわれる「クウシュウゴウ」には、右手のひらにほくろがあると証言が。

つまり、師匠の手の平にほくろがあれば「師匠=東朔也=クウシュウゴウ」となるわけですが、ほくろの有無は7話では判明せず。

ここまでひっぱる感じは、師匠の手のひらにホクロはないのではという読みもあります。

しかし、こんな投稿も!これは…もしかしてひっかけ?

スポンサードリンク

【天国と地獄】7話考察|妹の日高優菜が怪しい?

さらにまだ7話ということで、まだまだ何か展開がありそう。

その存在感ゆえか、岸井ゆきのさん演じる日高の妹を疑う声も多くありました。

画像引用元:dorama9.com

8話予告では彩子〈日高〉が、「もうこれしかないと思うんですよ」と意味深な発言が。

さらなる急展開が待っているに違いない!目が離せません!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!