【天国と地獄】6話考察|東朔也が犯人?陸との関係や師匠が黒幕説も

綾瀬はるかさんと高橋一生さんの演技が話題のドラマ『天国と地獄 ~サイコな2人~』。

毎週、奇想天外な展開で本当の「黒幕はいったい誰?」と犯人捜しが盛り上がっています。

さて、6話の考察はいかに?

【天国と地獄】6話あらすじ|東朔也(アズマサクヤ)とは誰?

第6話あらすじは次の通り。

※〈 〉内は中身の人物名

彩子〈日高〉(綾瀬はるか)が持ち続けているラブレターのような手紙。その手紙の差出人が今回の事件の手がかりになると読んだ日高〈彩子〉(高橋一生)は、秘書の樹里(中村ゆり)や妹の優菜(岸井ゆきの)に日高の過去に何か心当たりがないか探りを入れる。

その頃、河原(北村一輝)は、連続殺人事件の発端となった3年前の事件で証言をした目撃者を問い詰めた結果、一人の怪しい人物に行きつく。

一方、八巻(溝端淳平)は賭博罪で逮捕した九十九(中尾明慶)から司法取引を持ち掛けられていた。九十九によると、日高が人を殺す日には共通点があるという。

次のターゲットは誰なのか? 手掛かりになりそうなことを思いついた日高〈彩子〉は、陸(柄本佑)に協力を依頼するが…。

引用元:https://news.mynavi.jp/article/20210221-1745521/

第6話の予告映像では、次の殺人に関係していると思われる、壁に書かれた「9」という数字が。

彩子〈日高〉も日高〈彩子〉もその数字に気づきます。

「今日、ナンバー9の男が殺されるかもしれないの!」

「誰かを殺す準備をしているかもしれない」

最後には、防護服を着た彩子〈日高〉も映し出されています。いったい何が起こる??

そして、6話の最後に浮上した「東朔也(アズマサクヤ)」の名前が謎を呼んでいます。

7話考察はこちら!【天国と地獄】7話考察|師匠(湯浅)が東朔也で真犯人?妹も怪しい?

【天国と地獄】6話考察|東朔也(アズマサクヤ)が日高と入れ替わりで真犯人?

今回も怒濤の展開でした。

そして、最後の最後に新キャラ?が出現。

望月〈日高〉が「死亡届け」で検索した「東朔也(アズマサクヤ)」。

奄美大島の宿のおじさんによると、日高が日高ではなく「東朔也」だったと証言されています。

いったい誰なのでしょう?

「朔」は新月の意味!

「朔」には新月の意味があるということ。

これまでの殺人がすべて「新月」の夜に起こっていること。

さらに望月彩子の望月は満月。

奄美大島の伝説にも絡んできそうですね。

日高と東が入れ替わってる説?

スポンサーリンク

【天国と地獄】6話考察|東朔也(あずまさくや)と陸(リク)との関係は?

さらに「東朔也」という名前を聞いたときの、陸の「ニヤリ」とした表情が気になった人も多かったよう。

【天国と地獄】6話考察|東朔也は師匠?迫田=三枝が怪しいの声

画像引用元:ツイッター

5話の考察はこちら!【天国と地獄】5話考察|犯人は戸田一希か師匠?キッチン汚れ意味は?

スポンサードリンク

「天国と地獄」の感想!おもしろい!先が読めない!

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!