わたし定時で帰ります|吉高由里子バッグのブランドはロエベとフルラ

4月16日からTBS系でスタートするドラマ「わたし定時で帰ります」。吉高由里子さん演じるWEB制作会社で働くディレクターが、過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いてきたという設定です。クリエイティブ業界で活躍する役柄ということで、そのファッションにも注目が集まっていますね。特に気になったのは、第一話で登場したバッグたち。今回は、そのバッグがどのブランドで価格はいくらぐらいか調べてみました。

スポンサーリンク

わたし定時で帰ります 第一話 ブラウンのバッグはロエベ(LOEWE)

このエレベーター前のシーンで吉高さんが持っているバッグ。エルメスのバーキンテイストもあり、ベーシックでありながら、ベルト使いが個性的で気になりますよね。

調べたところ、ロエベ(LOEWE)というブランドのゲートトップハンドル ライトキャメル/ピーカンカラーでした。

洗練された高機能な新しいアプローチによりゲートバッグはシャープでモダンなスマートなデイバッグに生まれ変わりました。ロエベの洗練されたスタイルを完璧に表現した広い開口部を有するトップハンドルバッグの構造はハンドメイドで巧みに仕上げられています。 サイドに取り付けられたメタルピンとそこから垂れ下がるレザーストリップ、そしてフロントでベルトリボンを結び開閉するスタイルから、「ゲートバッグ」と名づけられました。主な特徴:ソフトグレインカーフスキン製、T字型構造、ブラックのハンドペイント仕上げのエッジ、ボンデッドゴールドスエードライニング、小分けジッパーポケット付きの内部コンパートメント、スリップポケット、取り外し可能なショルダーストラップ、同系色のアナグラムのエンボス加工。

引用元:https://www.loewe.com/jap/ja/ウィメンズ/バッグ/ゲート/ゲートトップハンドルバッグ/321.12.U60-3639.html

化粧ポーチなどの私物はもちろん、A4の書類がしっかり入るサイズで機能的。仕事もしっかり押さえながら、プライベートも大切にしている東山結衣役にぴったりですね。しかし、お値段は35万9640円となかなかですが、「一生モノ」と考えればいいのかもしれませんね。

わたし定時で帰ります 第一話 ベージュのバッグはフルラ(FURLA)

オフィスでのシーンで吉高由里子さんが持っていたのが、ベージュのバッグ。ゴールドの太目チェーンのハンドルが印象的です。このバッグはどこのブランドか調べてみたことろ、おそらくフルラ(FURLA)COMETAのホーボーバッグということがわかりました。

 

こちらはぐっとフェミニンで、定時に帰っているならアフターファイブにも活躍しそう。お値段は6万9120円とやや現実的な価格かもしれません。春らしいカラーはどんなどんなファッションにも合わせやすいですね。ドラマの中でもスモーキーなグリーンのトップスとよく似あっています。

スポンサードリンク

まとめ 【わた定】第一話の吉高由里子のバッグはロエベとフルラ

いかがでしたでしょうか?

バリバリ働きながらもきっちり定時で帰るというWebデザイナーの吉高由里子さん演じる東山結衣のバッグ、第一話でもっていたのはロエベとフルラでした。定番でありながら、トレンドの要素を取り入れている小物使いがクリエイティブ業界で働く女性を象徴してますね。

今後もストーリーの展開が楽しみであるとともに、吉高由里子さんのファッションにも注目していきたいと思っています。また、第二話以降もバッグや衣装など情報がわかりしだいお伝えしていきたいと思っています。

最後までお読みいただいてありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!